2018年09月01日

丹下健三自邸

「今」また話題の「丹下健三自邸」を観てきました。




丹下健三自邸001.jpg




と言っても実物はすでに現存しません。
現在森美術館で開かれている「建築の日本展」で展示されている3分の1スケールの模型です。




丹下健三自邸002.jpg




模型とはいえ、これだけの大きさになると、なかなかの迫力でした。





丹下健三自邸003.jpg





西洋の近代建築に倣って、
ル・コルビュジェばりのフラットルーフなのかと勝手に思い込んでいたのですが、
思いの外きちんと勾配のある屋根でした。





丹下健三自邸004.jpg




意外にと言うべきか、やはりと言うべきか、
かなりしっかりと薫る和風味。





西洋発祥の近代建築に、日本の古建築の再解釈を持ち込むことで新たな可能性を拓いたという、
丹下健三らしい家なのかもしれないと改めて思いました。



posted by k_nakama at 15:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。